ニキビは原因を知って根本治療を!

ニキビは原因を知って根本治療を!

ニキビは原因を知って根本治療を!

若い時でも、大人になってからでも、ニキビのできやすい人はよく悩まされます。

 

このニキビですが、どうして出来てしまうのでしょうか。
どのような治療法が効果的なのでしょうか。

 

ニキビってどうして出来るの?

 

ニキビというとやっかいな吹き出物のイメージがありますが、実は立派な皮膚病のひとつなのです。

 

ですから、自分で勝手にこうすればいいと思いこんで何度も洗顔をしたり、出来たニキビのうみを絞ったり潰したりすることは、後々悪化させてお肌にクレーターを作る原因になってしまいます。

 

こうなってしまうと、美容レーザーやピーリングなどをしないことには、元のつるつるとした肌にはそう簡単には戻りません。

 

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂がうまく排出されない状態になった時に、その皮脂をエサに元々毛穴にいるニキビ菌が繁殖して、赤く膨らんだり、うんだりすることが原因なのです。

 

そうなる以前の問題としては、女性や若い頃ならホルモンバランスの崩れがありますし、大人の場合は生活習慣の乱れなどが考えられます。

 

ですから、ニキビの治療には根本の治療と、ニキビ自体の治療が必要になります。

 

ニキビ自体は皮膚科が一番

 

ニキビ治療は、ニキビ菌の繁殖を抑える治療と、患部の炎症を抑える治療の二本立てになります。

 

その症状に合わせて投薬されることと、それほどひどくない場合はビタミン剤を処方されます。

 

現在はディフェリンのような効果の高い外用薬もあります。

 

市販でもニキビ薬は販売されていますが、ディフェリンは新しくニキビを出来ることを予防し、今あるニキビの悪化も防ぎますので、早目に皮膚科を受診することをお勧めします。

 

またホルモンバランスの崩れが原因の場合は、ホルモン剤がニキビには効果的ですので、こういった投薬の場合も病院での治療でしかできません。

 

生活習慣を改める

 

まずは規則正しい生活がニキビには一番大切です。

 

普段ニキビが出来ないという人も、暴飲暴食して夜更かしして帰宅した翌日に吹き出物が、なんてことは一度くらいあるものです。

 

たまのことならいいですが、これが日常化してしまえばなかなか症状は良くなりません。

 

飲酒や喫煙も、ニキビに悩んでいるのならちょっと控えた方がいいですね。