肌にも影響する女性ホルモンと上手に付き合うポイント

肌にも影響する女性ホルモンと上手に付き合うポイント

肌にも影響する女性ホルモンと上手に付き合うポイント

生理前になるとニキビができる。生理が近づくと脚がパンパンにむくむ。

 

生理痛が痛いなど。女性にとって生理は厄介でもあります。このようにホルモンのバランスが乱れる生理は肌にも影響します。

 

黄体ホルモンの肌への影響

 

女性ホルモンの一つには黄体ホルモンがあります。これは生理前に分泌されるホルモンです。この黄体ホルモンは皮脂分泌を活性化してニキビやシミをできやすくします。

 

むくみとイライラになるのもこのホルモンが関係します。生理前のホルモンは普段以上に敏感になる傾向にあるので、美白やアンチエイジングなどの積極的なお手入れをするのは控えましょう。保湿を中心にしたシンプルなケアだけにしておきましょう。とはいえシミができやすいのでUVケアだけはしっかりしてください。また生理前にニキビができる人も多いです。黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が増加する事が関係しています。

 

ですからこの時期は特に洗顔では皮脂を落とす事を心がけて油分で保湿する事が肝心です。でも皮脂を落としすぎないように加減してくださいね。

 

卵胞ホルモンの肌への好影響

 

もう一つの女性ホルモンに卵胞ホルモンがあります。生理後に分泌が高くなるホルモンで肌をみずみずしくして、コラーゲンを増やす働きがあります。

 

美肌にはエストロゲンが大きく関係しています。エストロゲンそのものの働きは生理周期をキープして妊娠に向けた体をつくる事です。ですから無理なダイエットや過度なストレスはエストロゲンが低下して生理不順が起こったり肌の老化は加速していきます。生理は美肌と健康のバロメーターと言えます。エストロゲンは生理の始まる思春期頃から急に増えだして30代後半あたりでは減りだします。そして閉経をする頃には急激に低下してしまいます。

 

この分泌量を守るためには健康的な生活をする事が肝心になります。美肌になりたいならホルモンの影響を無視するわけにはいきません。女性ホルモンと上手に付き合う事が美肌になる必須ポイントと言えるでしょう。