大胸筋が大きくなると、バストアップに効果あり!上向きの胸に!

大胸筋が大きくなると、バストアップに効果あり!上向きの胸に!

大胸筋が大きくなると、バストアップに効果あり!上向きの胸に!

女性が筋トレを行うなら、女性らしい美しい体を目指したいですよね。

 

 

そこでオススメなのが、大胸筋を鍛える筋トレです。大胸筋が大きくなると、バストアップに効果があります。胸が小さい人だと鳩胸になることから大きくなりますし、垂れてきてしまった人だと、筋肉が脂肪を支えてくれるので上向きの胸に戻ります。

 

 

方法としては、一番身近な腕立て伏せが良いでしょう。しかし、この時気を付けるべきポイントを押さえておかないと、大胸筋ではなく腕に筋肉がついてしまいます。そのポイントとは、床につく腕を肩幅以上に広げることです。これによって大胸筋に負担が行きます。

 

これが辛いなら、膝を床につけてやってもらっても構いません。あまり最初からキツイ筋トレをすると続かないので、できる範囲からやっていくのがコツです。継続しないことには筋肉はつかないので、楽しみながらできるのが理想ですね。

 

 

この筋トレの頻度は毎日でも構いませんが、2,3日に1回でも大丈夫です。筋肉痛が何故起こるかを考えるとこの頻度が良いのです。筋肉細胞は負担をかけると壊れ、それが回復中に痛みが起こります。これが筋肉痛です。回復している最中にまた細胞を壊すと壊れっぱなしになるので、回復を待ち、より強い筋肉になってからまた筋トレを行うのが効率が良いのです。この積み重ねによって筋肉は大きくなっていきます。

 

 

毎日だと疲れる日もあるから続けられるか心配、というのであれば、曜日を指定しておくのも一つの手ですね。ただし、集中してあまりやりすぎるとバストアップというよりはマッチョになってしまうのでご注意ください。

 

 

特にこの筋トレで他に注意すべきことはありませんが、バストアップを目的にしているのですから、できれば筋トレ以外でのアプローチもしたいところです。お風呂上りにジェルを使ってバストマッサージをしてみるなど、無理のない範囲でできることをすれば筋トレ+αの効果が期待できるでしょう。