美白有効成分の一つ、アルブチンについて

美白有効成分の一つ、アルブチンについて

美白有効成分の一つ、アルブチンについて

美白成分と言うと、主にビタミンCなどを想像されると思います。
化粧品に入っているビタミンCは、ビタミンC誘導体や持続型ビタミンC誘導体など、どこか進化した様な呼び方をされています。

 

 

これは、お肌の中に化粧水が浸透した瞬間はビタミンCの効果が伝導されるのですが、一瞬だけで終わってしまわない様に、長時間持続してシミやくすみの元であるメラニン色素を美白してもらう為に、ビタミンCを肌内部に浸透する速度をコントロールするためカプセル状に加工しているのです。

 

 

では、アルブチンは一体どんな成分なのかと言う事ですが、コケモモやナシの葉に含まれている天然の美白成分になります。
その成分はハイドロキノン配糖体と言う成分で、皮膚科では配糖体つまり糖を結合していない状態のハイドロキノンを美白用の塗り薬として処方しています。

 

 

美白

 

 

アルブチンはどのように美白効果があるのか?

 

 

アルブチンは、シミやそばかす・くすみなどの原因とされるメラニン色素を合成する成分であるチロシナーゼ酵素の活動を阻害する効果があります。

 

なので、根本的にメラニン色素を作らせない所からの美白なので、毎日アルブチンの入った化粧水などを使う事によって、美白なお肌を作る事が出来るのです。

 

 

 

アルブチンには2種類存在している

 

 

アルブチンは、天然素材から抽出したβ(ベータ)アルブチンと、お菓子で有名な江崎グリコが開発した、α(アルファ)アルブチンの2種類があります。

 

βアルブチンは確かに美白効果の高い成分ではありますが、安定感があまり無く持続性も弱い事から、安価な化粧品に入っている事が多い成分ですが、美白効果はそれなりには期待出来ます。

 

ただ、グリコが開発したαアルブチンは、安定した効力や持続力あり美白効果もかなり高い事から、ちょっとお高い化粧品に入っている事が多いそうです。

 

 

 

ライフスタイルに合わせよう

 

 

毎日気軽に使いたいなら、βアルブチンの入っている化粧品を使うと良いでしょう。
確実かつ即効性を求めたいなら、αアルブチンの配合された化粧品を使う事をお勧めします。

 

また、ビタミンC誘導体などの他の美白成分を合わせて使う事で、更に美白の効果が高まると思いますので、是非色々試してみて欲しいです。